発毛・育毛治療により頭髪が生え続ける理由

発毛・育毛の治療をすると、毛髪が薄くなってしまっていた地肌から、その後、新しい髪の毛が生え続けることになります。
これは発毛・育毛技術の効果の一環なので、AGAによる脱毛作用を防ぐだけではなく髪の毛の発毛効果も期待することができるのです。
なぜこのようなことが可能なのかというと、発毛ケアをすると本来人間が持っていた正常なヘアサイクルを復活させることができるからです。
ヘアサイクルは髪の毛が成長する成長期から髪の毛の成長が止まる休止期まで存在しますが、通常のサイクルは休止期に至ってもまた成長期に戻る仕組みになっています。
ところがAGAを発症すると、脱毛を阻害する物質の影響で正常なヘアサイクルが崩れてしまって髪の毛を育てるための成長期を正常に迎えることができなくなります。
そのためこうした施術で自毛が生え続けるのも、髪の毛の通常のサイクルを考えると当然だと言えます。