美容皮膚科が語る「煙草と肌ダメージについて」

最近、「禁煙」という言葉をよく耳にするようになりました。
タバコの煙の害はあらゆる方面で、不都合なことを招きます。
もちろん、美容に関する視点からも、おすすめできるものではありません。
大切な美肌を維持するための要素として、「タバコを吸わない」というのは、とても重要な事です。
美容皮膚科に通われるほどに「きれいな肌になりたい!」と思っている方にも、喫煙習慣をお持ちの方が多くおられます。
もちろん医院としては、スキンケア医療としての質の向上を図りながら、精一杯の治療に取り組んでいます。
しかしながら、実際に治療をお受けになられる患者様自身が喫煙の習慣をお持ちの場合には、その効果が現れにくいため、非常な残念な思いをする事があります。
タバコに含有されている数百種類の有害な化学物質を毎日吸っている場合、皮膚へのダメージも計り知れないものがあります。
人間の寿命においても、タバコを吸わない方に比べて、吸う方のほうが早まってしまうことなどをあげても周知の事実です。
つまり総合的に喫煙は早い段階で老化を進行させてしまうのです。
まさにタバコは「百害あって一利なし」です。
喫煙者の皆様、「禁煙」で美しい素肌を手にいれましょう。