薄毛の原因はAGA

ご自身が「AGA」か「慢性休止期脱毛症」なのかは、抜け毛の状態を見ればす
ぐにわかります。

側頭部や後頭部だけが目立って薄毛になってしまっているのであれば、女性の更
年期に伴う薄毛とは違った要因である可能性高いです。
もしくは急激に脱け毛が多くなったり、まだ10~20代であるにもかかわらず極端
に薄毛になってきたのであれば、他にも色々な原因が考えられま す。
これらの症状が見られた場合は医師の診断を仰ぐ事をお勧めします。
「ちょっとした抜け毛くらい大丈夫」という事で、クリニックや病院に相談に行
くのを躊躇する気持ちや、「診察してもらうのが恥ずかしい」という気 持ちは
十分理解できます。
しかしなら急激に進行してくる脱毛という現象は、多岐にわたる色々な病気の可
能性があります。
その病気の可能性を、医師に否定してもらう為にだけでも、病院に行く価値は高いと言えます。

・産後脱毛

出産直後のホルモンバランスの乱れが原因で、一時的に脱毛が多くなる症状を言
います。
時間の経過で改善されていきますので、心配はありません。

・ダイエットが原因となる脱毛

ボディラインを気にして、間違ったダイエットをしてしまった若い女性に多く見
られる脱毛症です。
極端な減量をして栄養が不足したり、偏ったり、それに伴うホルモンのバランス
に乱れが生じてしまう事が原因で起こる脱毛です。
驚いてダイエットを休止したとしても、すぐに元にもどるとは限りません。
無理なダイエットは絶対に避ける事をお勧めします。

・鉄分の欠乏性貧血による脱毛

若い女性に多く見られる症状です。
太くて健康な状態での抜け毛が多くなるのが特徴と言えます。
鉄分の欠乏性貧血は、女性にとても多いと言われている症状なので、規則正しく
栄養バランスの良い食生活を送られる事が一番の改善策です。